【産業動向】エヌビディアがARM買収なら中国の「脱米国」加速 CPU開発の台湾2社は影響力増大へ - EMSOne中国電子・電気・通信市場情報からEMS情報まで毎日更新! - www.emsodm.com|ナウティスニュース
ナウティスニュース

【産業動向】エヌビディアがARM買収なら中国の「脱米国」加速 CPU開発の台湾2社は影響力増大へ - EMSOne中国電子・電気・通信市場情報からEMS情報まで毎日更新! - www.emsodm.com

グラフィックカード大手の米エヌビディア(NVIDIA)が、ソフトバンク(SoftBank)傘下の半導体設計会社、英アーム(ARM)の買収交渉を進めているとの報道が出ているが、これについて台湾の大手経済紙『工商時報』は2020年8月5日付で、仮にARMがエヌビディアに買収され米国所有の企業となった場合、米国との対立が激化している中国が、「脱米国」のピッチを加速するとした上で、台湾で唯一RISC-VベースのCPU開発を手掛けるAndes(晶心科技)や、X86ベースCPUの開発・量産を推進するVIA(威盛)の台湾系2社が、中国における影響力を大幅に増大するとの見方を示した。
 2020/08/07  続きを読む

一緒につぶやかれている企業・マーケット情報

エヌビディア2 ソフトバンク1
>>最新の企業・マーケット情報をチェックする

みんなの反応・コメント   2件

かも@甲甲甲乙甲(甲甲) 8月7日 19:28
【産業動向】エヌビディアがARM買収なら中国の「脱米国」加速 CPU開発の台湾2社は影響力増大へ https://t.co/31MAeXEqnY よくRISC-Vの話が出てきますが、RISC-Vで現行のCortex-A76と同じ事がいつできる?と聞かれて答えられる人はいない‥。 まあそこまでじゃない用途では置き換えが始まってますが。
いまおか 8月9日 3:28
エヌビディアがARM買収なら中国の「脱米国」加速 CPU開発の台湾2社は影響力増大へ https://t.co/knLGddggks >エヌビディア(NVIDIA)が、ソフトバンク(SoftBank)傘下の半導体設計会社、英アーム(ARM)の買収交渉を進めているとの報道が出ているが、

関連・おすすめニュース


関連キーワード

エヌビディア   ARM買収   EMSOne中国電子  


>>ナウティスニュースTOP