日本通運、ブラックラインのクラウド型決算プラットフォーム 「SAP® Account Substantiation and Automation by BlackLine」を採用 〜決算業務の標準化・可視化・自動化の実現と経理業務負荷削減を狙う、「リモートワークできる経理部門」を目指しバックオフィスの働き方改革を後押し〜 〔 日本通運 〕|ナウティスニュース
ナウティスニュース

日本通運、ブラックラインのクラウド型決算プラットフォーム 「SAP® Account Substantiation and Automation by BlackLine」を採用 〜決算業務の標準化・可視化・自動化の実現と経理業務負荷削減を狙う、「リモートワークできる経理部門」を目指しバックオフィスの働き方改革を後押し〜 〔 日本通運 〕


 2020/08/03  続きを読む

一緒につぶやかれている企業・マーケット情報

日本通運1
>>最新の企業・マーケット情報をチェックする

みんなの反応・コメント   2件

カーゴナビ 8月4日 9:18
ブラックラインのクラウド型決算プラットフォーム 「SAP® Account Substantiation and Automation by BlackLine」を採用 〜決算業務の標準化・可視化・自... https://t.co/pjGzyvET7H @JPubbより
JPubb 日本企業 リリース 陸海空運 8月3日 20:50
ブラックラインのクラウド型決算プラットフォーム 「SAP® Account Substantiation and Automati... 〔08/03 日本通運〕 https://t.co/xCdQvbDhKj https://t.co/FmEyziW5yx

関連・おすすめニュース


関連キーワード

SAP   後押し   経理部門  


>>ナウティスニュースTOP