やっぱりMMT(現代貨幣理論)は万能ではないことの説明…主流派経済学との根本的違い|ナウティスニュース
ナウティスニュース

やっぱりMMT(現代貨幣理論)は万能ではないことの説明…主流派経済学との根本的違い

【ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る】米国で財政赤字の拡大を容認するMMT(現代貨幣理論)をめぐる議論が、2020年の大統領選を控えた政界で昨年活発になった。その趣旨はこうである。「自国通貨を持つ国...
 2020/03/24  続きを読む
>>ビジネスジャーナルの他のニュースを見る

一緒につぶやかれている企業・マーケット情報

スペース1
>>最新の企業・マーケット情報をチェックする

みんなの反応・コメント   2件

織原 然 3月22日 17:31
やっぱりMMT(現代貨幣理論)は万能ではないことの説明…主流派経済学との根本的違い https://t.co/2tivx3kLMJ @biz_journalさんから 流動性の罠、を作ったのは積極財政ではなく主流派の「異次元金融緩和」。そして主流派の財政政策は「最終的な回収」が前提だから「赤字を出さないPB黒字化が前提」。
cargo??? 3月24日 17:45
③完全雇用になったら財政赤字が民間貯蓄を奪うことで利子率が上がり、クラウディングアウトを招く →そもそもMMTは完全雇用を目指しているし、完全雇用となっても供給能力を拡大し賃金を上昇させるための財政的スペースはあるでしょうし、財政出動しても利子率は上がらない https://t.co/ygi4Y5WGL5

トレンドランキング 02:58現在

一番好き   のアニメ作品   決算公告   給付金業務の受託団体   新型コロナ   スウェーデン   値下がり   資金調達   レオパレス   独自路線   新型コロナウイルス   凪のあす   SHIROBAKO   ソフトバンク   給付金業務受託   TARI   対抗措置   Google   ブラウザ拡張機能   検索結果   ゴシップサイトブロッカー   ZOOM   再開拒否   支持率急落   最高レベル   4段階中3   新型コロナ危険度   6月3日   都市封鎖   コロナ対応  


>>ナウティスニュースTOP